介護器具利用の悪い点とは

介護器具の利用によるデメリット

  • トップ /
  • 介護器具の利用によるデメリット

介護器具の利用の注意点

介護

居宅介護支援事業者が作成するケアプランにより、福祉用具貸与事業所などから福祉用具の器具などをレンタルして利用をするケースが多くあります。このとき、この利用で生じるデメリットも考慮することが大事です。具体的に考えられるデメリットとしては、こうした介護保険で利用出来る器具は非常に便利です。このことこそが最大のデメリットになる危険性をはらんでいます。便利すぎてかえってその器具を使いすぎ、身体の健康状態が悪くなり要介護度などが悪化してしまうことがあり得るわけです。電動車いすや特殊寝台といったものは、使えば一般の人でも便利だと感じられる器具です。ましてや介護が必要な人が利用を適切にすればいいのですが、その便利さに慣れてしまうと本来は出来ていたことがその便利さに慣れてしまって、運動機能などの低下が考えられています。便利すぎて運動機能などの人間本来の力を使わなくなってしまうことがあるわけです。その他にも電動車いすなども同じことが言えます。そもそも歩いて移動が出来るのに、こうした電動車いすの方が便利だからと言うことで歩かなくなれば、歩行機能の低下が懸念されてきますので、適切な利用が必要だということです。

 

介護の必須情報

↑PAGE TOP