介護器具の購入について

介護保険が適応される福祉器具

  • トップ /
  • 介護保険が適応される福祉器具

介護保険で購入可能な福祉用具

介護

介護保険制度には福祉用具をレンタルできる制度と購入できる制度があります。車椅子や特殊寝台、歩行器など介護保険の基本はレンタルとなっていますが、排泄や入浴に関する器具などは再利用が難しくレンタルには適さない場合があります。そのような福祉用具を特定福祉用具といい、介護保険では年間10万円の限度として器具の購入費用を負担してもらうことが出来ます。自己負担金額は介護サービスと同じ条件が適用となり、所得に応じて1割か2割を負担します。具体的にどのような器具が購入できるのかというと、ポータブルトイレなどの腰掛便座や入浴補助用具、自動排泄処理装置の交換可能部分、簡易浴槽、移動用リフトの吊り具の部分などがあります。多くの人が利用するのは、ポータブルトイレやシャワーチェア、入浴台などでしょう。購入の際はまず利用者が全額負担をし、必要な書類を市区町村に提出して認められれば購入費の8割から9割の払い戻しが行なわれます。注意が必要なのは、同一商品を何度も買うことは出来ないということです。営利目的に利用されることを防ぐ為の措置であり、用途や機能が違う場合や破損した場合など、きちんとした理由がある場合は認められる場合もあります。

 

介護の必須情報

↑PAGE TOP