介護器具レンタルの良さとは

介護器具のレンタルについて

  • トップ

介護器具はレンタルするのがいい

介護

介護用品は様々な進化を遂げています。突然、親が病気で倒れて介護が必要になることがあると思います。どのよう器具が介助を助けてくれるのかを調べましょう。基本的に要介護認定を受けている人だと1割負担でレンタルが出来ます。車椅子の相場がわからないと言う人もいますが、介護器具は基本的に購入となると値段が高いです。車椅子も人によって用途が違い、麻痺している、円背などによっても変わってきます。そういった要望を福祉用具販売会社に問い合わせ、どういった器具がレンタル出来るかなどを聞く必要があります。ベッドもレンタルが可能です。通常のベッドで寝たきりになっていると、褥瘡のリスクがあがります。また、介助するときに高さの調節が出来ないので介助者の腰の負担にもなります。レンタルのベッドには手すりがついているため、起きるときに支えがあると起きられる人には最適です。頭や足など上げられるようにリモコンが付属しています。高さ調節によって、介助者の腰の負担も軽減できます。車椅子と同様で、ベッドを購入するとなると高額になります。介護者が施設に入居すると、レンタルなので返却可能です。様々な福祉用器具があるので、使用する時にどう使うかをしっかり学んで使用しましょう。

 

介護の必須情報

新着情報

↑PAGE TOP